5ヶ月です。完全母乳はいつまでだったら良いのでしょうか?

エママさん 5ヶ月 完母はいつまで? 今5ヶ月を迎えた娘がいます。 現在、完母で育てています。 先生のお話で、母乳は子供を尊重して断乳・卒乳していくという事は分かりました。 では、完全母乳はいつまでなら良いのでしょうか? 5、6ヶ月から離乳食を開始すると世間では言われていますが、 やはり母乳はあげつつ、離乳食を開始した方が良いのでしょうか? もし、以前にこの話が上がっていましたら重複してしまい申し訳ございません。 よろしくお願い致します。 エママさん、ご質問ありがとうございます。 完全母乳=母乳以外のものはお薬やビタミンK2シロップなどを除いて一切赤ちゃんに与えない です 離乳食を与え始める時期は一般的に5~6か月ですね。 ただ、海外では6か月までは母乳だけ(つまり完全母乳)も推奨されています あくまで わたし個人の考えですが、 5か月をこえて赤ちゃんが“食べたい”という意思表示をしたら そのときが離乳食の開始と考えてもよいと思います。 もちろんそのあとも母乳はあたえてください “あんしんナットク楽しく食べる お母さんと赤ちゃんの食事”へるす出版 1600円 という書籍をだしました もしよろしかったら参考にしていただければ幸いです。

私がお薬を飲みながら授乳できるでしょうか?

ゆき さん 1歳2ヶ月 母乳と薬について 小学生の頃からIgA腎症の37歳です。 産後蛋白尿が出るようになってしまい、 4月からロサルタンK錠25㎜を服用することになりました。 3月いっぱいで授乳をやめようと思っていましたが、先生のHPを発見し、 授乳をやめなくてもいいのかもしれないと希望がもてました。 今は夜寝るときと夜中に起きた時のみの授乳で、日中はあげていません。 この薬を飲みながら授乳を続けてもよいでしょうか? ご質問ありがとうございます。 これまでおっぱいをあげてこられたのですね。素晴らしいですね そして、お薬が必要となったけれど、 おっぱいをあげられるのではないかと思われてご質問いただいたのですね 残念ながら、この薬をのみながら授乳した場合どうなるかというデータがありません 同じ系統のカプトプリル、エナラプリルはデータがあり、授乳しながらつかえます カプトプリルは厚生労働省事業の一環として行われている成育医療研究センターの“授乳中に安全に使用できると思われる薬”に掲載されています。 もし可能であれば担当の先生にカプトプリルやエナラプリルにかえられるか ご相談されてはいかがでしょうか? いまのくすりがベストということであれば、 おこさんは1歳2か月になっていることから考えるとロサルタンKをのみながら 1日2回の授乳はおそらく問題ないと考えられます (このお薬は蛋白結合率が99.8%と高いため母乳には移行しにくいと考えられます)が、 お子さんの担当医と相談していただくことをお勧めします

3歳10ヶ月です。授乳していることで避難されています。こどもにとって一番いい方法を選択したいのですが、、、。

かえるさん 3歳10ヶ月 長期授乳の心身に与える影響を教えてください 3歳10ヶ月の子に授乳を続けています。 非常に母乳への執着が強い子だったので、 小児科の先生(名古屋の瀬尾智子先生です)に相談した上で未だに1日4回の授乳が続いています。 しかし、上記した小児科の先生以外の人からは長期授乳を非難されます。 母や姑、内科の先生、歯科の先生からも怒られました。 私自身は授乳に強いこだわりは無く、 ただ子供にとってベストの方法をとりたいと思っています。 ですので、長期授乳が子供の心身に良くないのなら、 断乳しようかと思います(子供は荒れると思いますが)。 また最近下記のような記事を見まして、 良かれと思っていたが子どもに悪影響なのだろうかと心配です。 https://enfant.living.jp/enterschool/bakuretsu/538164/ 上記の小児科の先生(瀬尾先生)が論理的で信頼できる方だからこそ、 のんびり長期授乳をしてきたのですが、 内科の先生などは長期授乳に否定的ですし、 記事の臨床心理士も反対しています。 専門家から見れば、長期授乳は子どもに悪影響なのでしょうか。 授乳に関して調べようとすると、 うさんくさい情報やスピリチュアルな情報が出てしまい、 どの情報を頼りにすればいいのかわかりません。 ぜひ先生の医師としての見解をお聞きしたいです。 ご質問ありがとうございます。 ひとつまえの質問と実は回答が同じです。 お母さんとお子さんが望む限り・・というのが大前提です まわりからとやかくいわれる必要はない・・というのが私のスタンスです お母さんはま

1歳6ヶ月検診でいろいろと指導を受けたのですが、こどもが食事を楽しめなくなってきました。。。

わたあめ さん 1歳7ヶ月 食事について こんにちは、度々質問させていただいております。 おかげさまで息子も1歳7ヶ月となり1歳4ヶ月の頃 自分からおっぱいにバイバイを告げ、卒乳しました。 順調だと思っていた子育てでしたが、 この間1歳6ヶ月検診での栄養指導について質問させて下さい。 うちの息子は、体重12kg 身長76cmと所謂チビデブです。 歯科検診では歯が内側に傾いていると。 これは噛まない子に多いということで咀嚼回数を増やすよう指導されました。 小児科検診でも歯並びが悪いからよく噛むように。と指導されました。 肥満気味ということで栄養指導を受けたのですが、 炭水化物は控えておやつも1日1回ジュースは禁止。 牛乳は1日200〜300ccは飲んでください。 とのことでした。 今は保育園に行っており、おやつは1日1回、 朝、夜ご飯共にお米が大好きで2杯はお代わりします。 200gくらいは食べてます。 ワンプレートにお肉(お魚)、野菜、ご飯とバランスよくもりお汁もあげてました。 栄養指導されてからは とにかく食前に牛乳とヨーグルトを混ぜたものを100ccのませ、 温野菜をあげ野菜をよく噛んだら お肉やお魚、ご飯と順番に出しています。 お汁は禁止食事中のお水もあげないでと言われたので上げておりません。 1週間栄養指導内容を守り続けていますが毎日泣きながらの食事で疲れてきました。 栄養指導前は毎日笑顔で囲んでいた食卓に笑顔がなくなり毎日泣き叫ぶ息子。 こんなに小さいうちから食事制限はひつようなのでしょうか? 順番にたべさせていてばっかり

たくさんの子どもたちの命をすくったニコラス ウィンストン卿

たくさんの子どもたちの命をすくったニコラス ウィンストン卿 最も大切なものはethicsであると。 あらためて自分にできることはなにか・・考えてしまいました 赤ちゃんだけでなく、お母さんたちにとってもレジリエンスを育てることは大切です まわりとつながること、自分のことを心配してくれる人とつながること、 それを絆として大切に紡いでいける社会 子育てにかかわる医療者がかならずしも母親の自己効力感を育てられるわけではありません むしろ母親の自己効力感をつぶしてしまいかねない言動も見聞きします いまわたしたちが必要なのは、それは目の前の母親の気持ちを傾聴し、 それに応じた声掛け・共感ができる子育て支援者だとおもいます 母親の自己効力感が育つことは赤ちゃんのレジリエンスの獲得にもつながるのでしょうか・・ 明治に3度日本を訪れたモース氏は、 日本では泣き叫ぶ子どもをみたことがない・・と残しています。 父親、きょうだい、みんなが赤ん坊を抱っこ・おんぶし、赤ん坊は 周りのみんなから愛されていることをおそらく自覚し、育ったことでしょう。 それこそがレジリエンスを育て、つらいことにも乗り越えられる力を得られたのでしょう。 子どもたちのレジリエンスを育て、自分の人生をあきらめない日本 母親の自己効力感を高められる日本 ひとりじゃないって心から思える場所 いまこそ、これらを実現させる必要があるのではないでしょうか 今日も皆様にとっていいこと、素敵なことがいっぱいありますように!! *画像は、お話とは関係ありません

2歳です。指しゃぶりについて教えて下さい

おなまえ:アリさん お子様の年齢:2歳 ゆびしゃぶり 生後3ヶ月より活発にゆびしゃぶりが始まり、 下の子を妊娠した辺りの、一歳では外遊び中もゆびしゃぶりがありました。 2歳2歳なる少し前より、外ではゆびしゃぶりがなくなりました。 しかし、自宅にいる時はゆびしゃぶりが頻回で、吸いだこが出来るようになりました。 絵本や抱っこ、遊び等で誘っても最近はゆびしゃぶりをしてしまいます。 寂しい時、眠い時、お腹が空いた時、退屈しのぎや色々だと思います。 眠ってからも、眠りが浅くなるとゆびしゃぶりをして、再び入眠するといった状況です。 外ではしない分、家にいると頻繁なので、ゆびしゃぶりの時間も長いように思います。 以前は、お気に入りの物を片手にゆびしゃぶりでしたが、今は何もなくてもゆびしゃぶりを始めるようになりました。 2人の育児も少し疲れ始めて、上の子とどのように接してあげたらよいのか、悩んでいます。 教えて下さい。 ご質問ありがとうございます ご自宅でゆびしゃぶりをするお嬢さんのことを心配されていらっしゃるのですね 下のお子さんを妊娠したあたりからはじまったということで、 なにか感じるものがあり、その不安に対してゆびしゃぶりが落ち着かせてくれたのでしょうね いまは外ではゆびしゃぶりをしなくなったとのこと、 お嬢さんなりに解決されているのでしょう 自宅ではできるだけ両手をつかう遊びを一緒にされてみてはいかがでしょう もし、お母さまがお嬢さんのゆびしゃぶりを”とても気にしている”というのが お嬢さんにつたわるとなおさらやめられないのかもしれません ゆびしゃぶりがひどくて皮がむけた

Copyright©水野克己 All Rights Reserved.

created by Minami Wakamatsu

Follow Us

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。
著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。