Copyright©水野克己 All Rights Reserved.

created by Minami Wakamatsu

Follow Us

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。
著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

授乳と月経についての質問の回答です。

2017/01/22

 

月経が戻ると母乳がでなくなったり、おっぱいの質がわるくなってしまうのではないか

と不安になるお母さんもいらっさいます。

味がわるくなったり、栄養価や質がおちたりするということはありません


ただし、月経の期間に母乳分泌が低下することがあります。

ホルモンの関係や月経周期の中頃にみられる血清カルシウム濃度の低下と関連があると

考えられています。

 

最も簡単な対策は、哺乳回数を増やすことです。

それによって母乳の量が戻ってくるといわれています。

 

それでうまくいかない場合にはカルシウム1000㎎・

マグネシウム500㎎(カルシウム500㎎・マグネシウム250mgで効果がある女性もいるようです)をサプリメントとして使う方法もあります。

具体的には月経がはじまる2週間前から月経がはじまって3日目まで内服します。

注意点としてはカルシウム単独ではなくかならずマグネシウムとセットで内服することです(

サントリーのカルシウム&マグネシウムだと1日12錠相当となります(通常は1日4錠)


排卵のころや月経がはじまる数日前、

またはその両方に乳頭の痛みを感じる女性もみられます。

 

また、この時期に授乳している最中にそわそわするような感じをおぼえる女性もみられます。

これらはホルモン分泌の影響であり一過性のものですが、

あまりつらい場合にはカルシウム・マグネシウムをサプリメントとしてとったり、

カルシウムの多い食材をとるようにしてみるとよいでしょう。


赤ちゃんによっては生理がくる直前に微妙な味の変化に気づくこともあります。

ちょっと嫌がることもあるようですが、これも一時的なことです。

 

嫌がるようならまだ寝ぼけているときに授乳するとよいでしょう

Please reload

Facebookからコメントされる方はこちらからおねがいします

​ NEW・新着
Please reload

カテゴリーから検索
アーカイブ
Please reload

匿名・あだ名のコメントはこちらからどうぞ‼︎コメントは元気の源ですので宜しくお願いします‼︎