Copyright©水野克己 All Rights Reserved.

created by Minami Wakamatsu

Follow Us

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。
著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。

早産で生まれて今2週間たちました。発達のことなど気になります

2018/05/13

 

ゆみ

0

早産児の発達の遅れ

 

二週間ほど前に33週で双子の男の子を出産しました。
2500g弱、2400g弱。
産まれてすぐに泣いてくれたため肺はなんとか大丈夫だったようです。
弟は酸素濃度を少しあげたところに2日いましたが、今のところは何もなく、保育器から二人とも出て、鼻チューブも取れて今は哺乳瓶でミルクを飲んでます

耳の検査…がまだ残っており、心配しています。

あと、あまりにも早産のため、体の成長の遅れ、知的障害が発達障害など知能の遅れが心配です。

切迫早産で5週間入院していましたが、最後は母体が危ないと出産になり、子どもに申し訳なく思っています。
私がもっと早く入院していれば正産期まで持ったかもしれない…
仕事を辞めてればと悔やまれてなりません。

これから息子はどのような成長があるのか、また遅れはどのような事があるのか教えてください。

 

ゆみさま

ご質問ありがとうございます。

33週で体重も2400、2500gとはしっかりとおなかのなかで栄養をあげてこられたのですね

予定より早く出産されたことでいろいろとご心配されていることと思います

お母さんの状況を優先して出産になったことで、ご自分を責めていらっしゃるのでしょうか

お子さんたちはお母さんが元気であることが一番の幸せです

飛行機のアナウンスでも、緊急の際にはまず大人が酸素マスクなどをつけ、それからお子さんの手伝いをしてくださいといいますね

 

お母さんが心も体もお元気でいらっしゃることがなにより大切なのです

お仕事も大切になさることも、お母さんの人生の中で重要なことだったのだと思いますよ

さて、いまは哺乳ビンでのんでいるとのこと、元気に育っている姿が目に浮かびます

さきほども書きましたが、お母さんもお子さんと一緒に前をみて一歩を踏み出していかれてはいかがでしょうか

後ろをみていてもお子さんたちはうれしくありません

これから、いっぱい抱きしめてあげてください。おなかの中にいたときと同じように・・

そしてたくさんさすって声をかけ、見つめてください

おなかの中にいると見つめあうことはできませんが、

ちょっと早くでてきてくれたのでいっぱい見つめあうこともできます

たくさん愛してあげること、それこそがお子さんたちの持っている力を伸ばしてあげる王道になります

 

いつも笑顔で子育てを!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はホームページより受け付けております↓

 

https://www.mizunokatsumi.com

 

 

 

 

書籍第2弾 

愛ラブ子育てシリーズ② 

0~6ヶ月赤ちゃん&お母さんのための気がかりスッキリラクラク育児BOOK

好評発売中!!

 

ご購入はこちらから↓

 

https://jhmba.official.ec

 

 

 

世界と日本初の母乳バンクについて知る機会となります。

医療者の皆様に母乳バンクに知っていただき、

お母さんがたからドナーの母乳をいただけるよう情報提供してくださればと思い

開催いたします。

 

是非医療者の皆様の参加をお待ちしております。

 

 

 

お申し込み 詳細はこちらから

http://jhmba-1cf.peatix.com

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Facebookからコメントされる方はこちらからおねがいします

​ NEW・新着
Please reload

カテゴリーから検索
アーカイブ
Please reload

匿名・あだ名のコメントはこちらからどうぞ‼︎コメントは元気の源ですので宜しくお願いします‼︎