• drmizunosmilechild

湿疹と離乳食について


お名前:のんママ さん

お子様の月齢:9ヶ月

タイトル:湿疹と離乳食について

先生こんにちは。

先生のHPとブログの更新を楽しみにいつも興味深く拝見させていただいております。

9か月の息子がいます。息子の目の下と口周りの湿疹についての相談です。

1ヶ月前頃に顔に湿疹(特に目から口周り、耳の裏側、顔がむくんでいるようにもみえました)が

出たため後日小児科を受診しました。

ヒルドイドソフトをもらいましたがあまり良くならず、再度皮膚科、アレルギー科のある病院を

受診したところ、離乳食などの影響から腸内環境の乱れによる症状とのとでした。

処方されたステロイドを顔に塗っていいものか悩みましたが

塗って良くなった状態を維持しようと思いました。

ですがまた湿疹がひどくなってきてしまいました。

離乳食の開始は遅く7ヶ月過ぎてから始めたのですが、

それまで離乳食の進め方を急いでしまったせいかもしれません。

生後4ヶ月頃アレルギー検査をした時には何も反応は出ませんでしたが、

小麦の離乳食を食べた日に特にかゆがっている様子で心配になり

今はお粥とペースト状の良く食べてくれる野菜のみをローテーションで食べさせています。

離乳食を始める以前に中耳炎になってしまい抗生剤でお腹の調子を崩したことがあり

それ以来うんちが出ない日がたまにありましたが

ここ1ヶ月は特にうんちが出ない日も増えていて2〜3日出ない日もありました。

ネットで腸内環境とアトピーには関係があるとの記事を読み心配です。

離乳食後に顔を濡らしたガーゼで拭くと乾燥してしまっているようなので

保湿剤を塗っていますがまたすぐに乾燥しているので1日に何度か塗るようにしています。 先生のアドバイスをお聞きしたいと思い初めて質問させていただきました。

ご質問ありがとうございます。

お子さんのお顔の湿疹、とても心配になりますよね。

さらには腸内環境まで考えるとさてさてどうしたものか・・悩んでしまいますね

まず、ひとつひとつわけてかんがえましょう。

お顔の湿疹:

現状では目の周り・耳の下と限定された範囲のようですので、

ステロイド軟こうを上手に使ってよくしていきましょう。

やめると悪くなるのはよくあることです。

ですのでわたしはヒルドイドソフトとアルメタ(キンダベートやロコイドでも可)をまぜたものを

1日3回ぬってもらいます。

よくなったらやめるのではなく1日2回にして3日くらい様子をみます。

引き続いてお肌の様子がよければ1日1回にします。

そのあとは2日に1回、3日に1回としばらくはやめません。

良い状態を維持することを第一目標にするからです。

腸内環境:

おっしゃるとおりで腸内フローラが皮膚炎などとも関係はあります。

ですのでバランスのよい食生活に注意していただければよいとおもいます。

プロバイオティクスとよばれるよい菌はヨーグルト、

なっとうなど発酵食品から得ることができます。

また、よい菌をそだててくれるプレバイオティクスはごぼう、たまねぎなどにふくまれます。

また抗酸化作用のあるものも大切ですので、色の濃い野菜を上げることも重要になります。

まあ、バランスよくということです。

なおガーゼでこすると角質をとってしまいますから、

お顔を吹くときは化粧用のコットンをぬるま湯に浸してやさしくふいてあげる。

そのあとは柔らかい綿のタオルでかるくおしぶき⇒保湿クリーム(ヒルドイドソフトでOK)を

塗る。(おしぶきというのは、そっと肌に当てて、水分を取ってあげることです)

回数は唇が乾燥したら、何度でも塗るのと同じです。

何度でも乾燥しているのならぬってください。

また、搔いているようならその都度ヒルドイドソフト・アルメタのあわせたものを塗ってください。

もちろん医師によって考え方は異なるでしょうから、

お母さまが通える小児科(または皮膚科)の先生とよく相談なさってくださいね。

あくまでもここに記した内容はわたしが行っている方法にすぎません。参考になれば幸いです。

Copyright©水野克己 All Rights Reserved.

created by Minami Wakamatsu

Follow Us

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。
著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。
悪質な場合は、知的財産法(著作権法)に基づき民事訴訟となります。